仕事紹介
仕事紹介
  • TOP
  • >
  • 仕事紹介
横野健太郎
小針正治

グローバル視点の成長企業に
活躍の場を見い出す。

ヴァリックに出会うまでは、延べ11年間、ホテルマンをやっていました。無借金経営で何事も慎重に進める会社、売上アップのための経費なら糸目をつけず攻め続ける会社、5店舗ほどを運営する小さな会社。3社それぞれに社風は異なりますが、いずれも中小企業。これまでは経験職ということもありホテル業界にこだわってステップアップのための転職を重ねていましたが、いつしか、同じサービス業なら「大きな会社でチャレンジしたい」「自分の経験・力を試してみたい」とう考えがふくらんできて。大きくマネジメントそのものを捉えれば、何事も職務は同じ。そう思い視野を広げた時に、転職サイトで出会ったヴァリックに興味を持ったんです。ヴァリックは、AOKIグループという強力な資本が背骨を支えながらも、グローバルな視点を有しています。安定に溺れず、絶えず成長を続けている。ここまでの十数年での成長や出店数を見たとき、そこに自分の活躍できる場所がある、と考えたんです。
 入社の際は、給与面では少しだけ希望を出しました。家族がいますからね。その先の給与、役職などは仕事によって自分自身が勝ち取るものと考えていたため、それ以上は求めませんでした。前職でバリ風ホテルの運営に携わっていたので、リラクゼーションをテーマとする快活CLUBへの配属を希望しました。まずは一般社員として仕事に従事。しかし、チャンスは早くも1ヶ月後に訪れました。人事異動などの余波により、私に店長職の辞令が下りたのです。念願だったマネジメント業務。その本流に携わることができる第一歩でした。
 現在では、店舗マネジメントをはじめ、業務改善プロジェクトやエリアマネージャーをサポートする役割なども務めています。また、それらの経験を経て、総本店である横浜北山田店の総店長を任され、来月にはエリアマネージャーの辞令を受けることになりました。入社2年2ヶ月というキャリアを考えると、とてつもないスピードに感じられると思います。しかし、これこそがヴァリックの魅力。第一に、成長企業であること。次に、

快活CLUB横浜北山田店
店長

小針 正治

2013年入社

強力な資本があること。思い切った冒険、大胆な提案ができる企業だから、チャンスはゴロゴロ転がっている。資本はあってもまだベンチャー。資本があってチャンスがある。しかも成長企業とあれば、これ以上の魅力はありません。また、それゆえにまだ確立されていない仕組みも多々あります。これを「仕組みもできあがっていない未成熟な会社」とネガティブに捉えるか、「資本力があるのにベンチャーだからチャンスが無数にある」とポジティブに考えるかで、見え方は全く変わってくるでしょう。私は、大企業で何もかもできあがっていて、決められたことだけをこなしていく。そんな仕事だけは、絶対に嫌でした。ヴァリックの持つ未知数の可能性、伸びしろの豊かさにこそ、大きな魅力を感じましたし、入社して2年2ヶ月経つ今も、その思いはむしろ大きくなっています。

快活CLUB横浜北山田店
店長

小針 正治

2013年入社

お客様の「ありがとう」が最高の喜び。

ヴァリックで働く中での大きな喜びは、やはりお客様から「ありがとう」という言葉をいただくこと。「ありがとう」と言われることは、本当は貴重なことなのです。10年以上サービス業に就いていますが、お客様に感謝されるのはサービスマン冥利に尽きることだと常に感じていますし、「コト」の提供が実現できた証としていつも胸に刻んでいます。以前、退店なさった後のパソコンブースに清掃に入ると、画面にお手紙を残してくださったお客様がいらっしゃいました。そのお客様は、来店中にあるご要望を私たちに出されたのですが、現在のマシンではそのご要望を叶えることができなかったんです。しかも、調べてみてそれが判るまでに30分近くお時間をいただいてしまった。どうにも申し訳なくて、お詫びの言葉とともに頂戴した時間分の割引とデザートをサービスさせていただいたのですが、それについての感謝のお手紙でした。「汗をかくほど一所懸命調べていただいてありがとう。デザートおいしかったです」と。そのお手紙は、今でも大切に保管してあります。私が目指しているのは、お客様にとっての“神様”になること。常にお客様目線で物事を考え、お客様のご要望を言葉に出されなくてもサービスする。つまり、体験や感動という「コト」を売ることができるように、と心掛けています。お客様が感じた小さな感動の積み重ねによってヴァリックブランドを確立し、「複合カフェ」や「カラオケ」という業態の枠を超えた「サービス業界のリーディングカンパニー」として知られる存在になるよう、貢献していきたいですね。

サービス界のリーディングカンパニーを目指して。

快活CLUBが、複合カフェのリーディングカンパニーではなく、サービス界のリーディングカンパニーとして、日 本を始め世界を席巻している姿。私はそれを、そう遠くない未来として想像しています。その頃には自分も、新たな業態、新たなブランドを牽引する責任者として活躍していたいと考えています。マネジメントのノウハウを持っていることは、必ず武器になる。特にキャリア採用入社の方であれば、他社の知識や一般論も兼ね備えていると思いますので、いい意味でヴァリックに影響を及ぼすはず。まずは、目的・目標・進め方を間違えないこと。確固たるビジョンを持ち、ゴールに向けての歩み方・戦い方を備えていれば、新卒採用、キャリア採用に全く差はないと考えています。逆にそれがなければ、例え他社での経験があっても、活躍することは難しいでしょう。仕事の内容や細かなことは、反復で覚えられます。なので、揺るぎない自分のビジョンや信念だけはずっと持っていてほしい。諦めなければ、必ず結果は出ますからね。同じビジョンを持った社員さんとどんどん関わりを持って、一緒に働けたらいいな、と思っています。